so wonderful!!!

norij.exblog.jp


いつもげんき
by norico-rinicof
プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

go近所

□ 初日の出を見に行きました。湯ノ山温泉の○○荘の駐車場から見ました。

□ 父は言い切った。ズワイガニはエビ!!
  母と苦笑い。
  弟に真相を確かめると「ヤドカリやったかな。エビではなかったとおもう。」
  とにかく、ズワイガニはカニじゃないらしい。

□ ユニクロの2,900円くらいだったジャンパー(?)が重宝しています。
  軽いしあったかいし、安くて汚れも平気なので、室内でも脱げません。
  母「そのナイキのジャンバーあったかそうやんか」
  私「え?これユニクロやで」
  母「なんでか、ナイキのマークついとるやんか」
  私「うそやんっっ!?」
  と慌てて胸元を見ると、夕食に食べた鰆の塩焼きの食べこぼしが、ちょうどナイキのあの「シュッ」ってなったマークかのように、くっついているではありませんか。
  魚を胸元につけている私も私、老眼で魚とナイキのマークの刺繍と見間違える母も母。   
  初呆れ。ダブル呆れ。

□ 5連休の後の出勤は辛いっす。でも明日また土日。ペースつかめず。

[PR]

平成19年も色んな人のおかげさまで、ほんとうにおかげさまで。

色々あって楽しく過ごすことができたと思っています。

色んなこと忘れないようにこの日記をつけようと思っていますが、
「忘れないように!」と思うことさえ忘れているくらい、仕事も私生活も、その日その日、目の前のこと、目の前の人だけを、ただ見つめてやってきたように思います。

それがいいのか悪いのか、それは置いといて。

思い込むこと結構必要で、疑っているとことが進みません。

この仕事が必要!
この時間も大事!
ここがいい!
これならきっと喜んでもらえる!
今、私が役に立てる!

何か成すときに、わがままなこの思い込みが、意外と必要なのかもしれないと、
今年の終わりの日に、そう考えています。

私が何かを成したとき、疑いながらもそうすることが多いけど、
迷ったり、不安になったら、こんな風に思い込むしかないなと。

でも、甘ったれたわがままな私の思い込みを、周りの人たちが許してくれているおかげで、
色々今年もやってこられました。

とにかく感謝したいと思います。

来年もいろんな人にお世話かけながら、それでも楽しくやっていけたらと思います。

[PR]

朝から御在所岳のロープーウェーに乗ってきました。

山肌の紅葉と、山頂の樹氷を一気に楽しめました。

四季の境目がなくなっているってこのことかな。
e0004335_16405967.jpg

最近顔を合わす時間の少ない母に

おみやげは「かもしかストラップ」

[PR]

まだまだ後処理は続くけど、なんとか今年もようやくシーズンオフに。
溜め込んだ仕事をせなあかんなぁ。やれやれ。
でもこれで自分の時間も、できてくるだろう。
ふゆを迎える準備をしよう。(タイヤとかコタツとか洋服とか)

□プリッツ復刻版(Yセンター長が、パッケージの女の子が私に似ているからと買ってきてくれた)
□アイポッドナノ(26歳の誕生日に…)
□誕生日カード(同期の3人から)
□はがきとてがみ(誕生日にKとEちゃんから)
□みうらじゅんの本(もちろんHから)
□湯たんぽ(姉が結婚して、なぜかくれた。なかなか重宝しています。)
□さつまいも(デイサービスの利用者にもらった。大きさは抜群。)
□みかん(訪問先でおじいさんにもらった大量)
□てづくりパン(最近パン作りにはまっている職場の先輩Sさんにもらった)
□お香(Rちゃんからセンスをもらった)
□本(『人生のちょっとした煩い』)
□CD(スパングルコールリリーラインのアルバム)
□久しぶりな友人からのメール
□トートバック(京都の本屋さんの、私がうらやましがったから)

贈り物はそこに込められた気持ちがどんなものであれとても大切で、
だから繁忙期(10月後半~)に頂いたものを書き留めてみた。
どれも仕事にへし折られそうな時に私を癒してくれました。
ほんとうにありがたかった。

きちんと丁寧に「ありがとう」と言えていたかな。それが心配。

[PR]

仕事をひとつ終えたので、
先週お招き頂いた、Uりんの結婚式の写真を見て、
とても幸せな気分になり、
コーヒーを入れて、もう一回見ました。

みんな幸せそう。
とても笑っている!

結婚式はとてもいい!
ほんとうにいい!

Uりんありがとう、メッセージもほんとうにありがとう。
心にしっかりと留めておきます。

でも、どうか縁起が悪いと思わないで下さい。

13日に結婚式に行き、16日にお葬式に行きました。
老人ホームに長年出入りしてくれていた音楽ボランティアで
アコーディオン担当のIさんのお葬式でした。

彼に最後に会ったのは10月3日で、いつものように、細い身体で玄関から音もなくリハビリルームに入っていきました。
利用者とボランティアさんが自由に歌って楽しむ音楽の会で、Iさんは利用者のリクエストに応えて、たいていの曲は伴奏していました。
音楽ボラのグループは、もう長年この老人ホームに出入りしているので、活動に職員がタッチすることは、ほぼありません。
私は何かあったときに、担当として仲介する役割です。

この日は、たまたまデイサービスに初めてきていたAさんというおばあさんが私は気になっていて、様子を見に行くと、案の定、Aさんは初めての場所で不安そうにしていました。
私は調査にAさん家に行った日に、千昌夫の話題でAさんと盛り上がったのを思い出して、音楽ボランティアがきているからと、リハビリルームにAさんを誘って一緒にいきました。
久しぶりに、活動中のボランティアさんや利用者の様子をみて、みんなの生き生き歌う姿がとても、ほほえましく思いました。
最後にAさんと私が千昌男の曲をリクエストしました。
Iさんの伴奏が、どんどん乱れていきました。
いつもなら千昌男くらい、さらっと弾いてくれます。
おかしいなと思ったけど、同時にIさんの右足にだいぶむくみがあることも気になりました。

それが最後のIさんの活動でした。
1週間と少し経ち、Iさんはガンの再発でなくなりました。
安らかな最期だったようです。

施設長と二人でお葬式にいきました。

責任感の強かったIさんは、最後の最後まで、「施設には自分を待ってる人がいるから」と、
力を振絞ってボランティアに来てくれていたのだと、ご長男から聞きました。

確かに、本当にうちの利用者は、音楽ボランティアのIさんを尊敬していて、
月に2回の音楽の日を、心待ちにしていたのです、ほんとうに。

最後の千昌夫の曲を乱れながらも、終わりまで弾ききってくれたことを思い出します。
特にAさんは、それまでの不安そうな顔はどこへ行ったのか、「私千昌夫ってゆう歌手のフアンなのよ~」と、とても素敵な笑顔で歌っていました。
Iさんは、見ててくれたかな、Aさんの笑顔。

お葬式では、80歳を超える大往生にも関わらず、Iさんのことを想って泣く人が多く、
私も涙が出てしまいました。
でも、こうして、子供や孫たち、Iさんに関わったいろいろな人に見送られて、Iさんは最高に幸せな瞬間を迎えたのかもしれないと、私は思ったのです。

まるで、最愛のパートナーとの門出をみんなに祝われたUりんと同じ様に。

[PR]

さむい。
こたつ出さな。

なんだかんだしていたら、あっというまに10月半分きました。

きょうは マイバースデイ。

0時
横浜のクイーンズなんとかってモールを歩いていたら、
それまでのキレイな照明が消え始めて、閉館の放送が。
そんな26歳の幕開けでした。

年齢を3で割ると、それが人生の時間

26÷3=8.6・・・
午前9時前ってとこか。

普段なら、出社してデスク周りを掃除して、新聞6紙を斜め読みより雑に目を通して、
朝礼いこかなって時間。

今までの25年間の人生は、デスク周りの整頓と、新聞の斜め読みやったんや。
朝礼に行って、さあ一日がはじまるな!ってとこなんね、私の人生。
気合、いれろ。

[PR]

お月さんを見ながら、地域の人たちが、
「O学校」へと、今晩も足を運んでくださいました。

「O学校」は、現在は入社3年目の私がコーディネーターを勤める地域学校です。 
今回で182回目を数えます。

拙い私の進行に、よくもまぁ、みなさん懲りずに来て下さるものだと、毎回感謝してもしきれません。

毎月1回うちの病院前の温泉施設のカラオケルームで開催しています。
会場シブイです。

今回はボケるとは何か?をテーマに意見交換をしました。
ありきたりなテーマも、毎回新鮮です。

「お彼岸」ということばに、いま私が生きている「此岸(しがん)」ということばを思い出さずにおれません。
私の日常は、計ったり、比べたり、それに一喜一憂、ごく一部を見て、見えたと思う。
まさに此岸の世界です。

対して彼岸には「無量」という価値観があるのだそうです。
お金や、身長、能力など人間に付随するものは比べることができますが、人間そのものの価値は、数値化や比較のできないもので、それが「無量」の価値観なのだと。

今日のO学校も、私の思い通りにはもちろんみなさんのディスカッションはすすみません。
みんな言いたい放題。
私は、だんだんイライラします。
イライラして帰路につく私を、中秋の名月が照らしていました。
まさに無量の光を感じることができました。
彼岸の季節に感謝です。

[PR]

朝夕はすっかり秋めいてきましたが、日中まだまだ残暑厳しいです。
これいつまでつづくのでしょうか。

今日は少し涼しく感じました。このまま秋に突入しないかな。

秋服はかわいい、食べ物はおいしい、気候は清々しい。

今月、Y市の映画館がひとつ閉まります。

高校の時から行く映画館だったので、さみしいです。

我が青春時代、広島の小さな映画館たちは、今も元気でしょうか。

シネコンにおされて、小さな映画館が閉まるのは、さみしいものです。

ダム建設に沈む村のよう。

映画館というのは、誰かの笑いや涙や感激の住家。

中でも小さな映画館は、ひとりの客が比較的多い。
だから、そこでの笑いや涙や感激は、みな素直な遠慮のないものな気がします。

私もそこに、素直な笑いや涙や感激を置いてきています。


e0004335_16441594.jpg
最近はまっているお菓子 ⇒
ロータスオリジナルカラメルビスケット
ほどよい甘さ
カラメルの香ばしさ
シナモンの香り
ビスケットのサクサク感
ベルギー産
伊勢のフランスパン屋『とんちん』にて購入しました。

[PR]

今年の敬老行事も総じて、結果楽しかった。

この行事だけは、オジイオバアの生の反応が即効感じられるから好き。

ガーデンパーティーでは吹けないトランペットを吹かされ、商店街の日は一日中綿菓子を巻きまくる。

もちろん全身が飴でベタベタ。

でもでも必死で綿飴巻いていると、「あんた今日はこんなことしとんのか、えらいなぁ」「なつかしいなぁ。」「昔はようこんなんあったなぁ」「おおきにな!」「こんなんはじめてやわぁ」「いらん!」「ピンクの方ちょうだい!」「あんた何でもすんなぁ」
なんていろんな反応をみなさんしてくれる。

みなさんに励まされ、この職場に居ついてしまっています。

15時に商店街が終わると、余韻を楽しむ間もなく、片付けさえ人任せ。
速攻で経営会議。
ぜんぜん準備できてないわ、いつもみたいに議論は不毛。
ハイ、モチベーション下がります。
上がって下がって、下がって下がって。。。

あ~でもなし、こ~でもなし。
悶々と悩みながら働くいつもの日々がしばらく続きます。
でも明日は休日。
迷ったあげく、仕事は見てみぬ不利をして、18時退社。
ヨッシー、Sちゃんといい感じに飲んで帰ってまいりました。
今からチーズケーキを焼いて寝ます。zzz

[PR]

こないだナチュラルローソンで購入したマシュマロのもちっと感が忘れられません。(8/31の日記参照)
もっと周りの人に食べて欲しくて「取り寄せよう!」と思い立った日曜日の朝です。
捨てずにとっておいたパッケージを元にネットで検索。

販売者は「(株)マッシィロマン」

そう、あのマシマロを作っていたのは博多の銘菓「鶴乃子」の石村萬盛堂の洋菓子部門の会社だったのです。
さすが老舗やね!
マシマロ作らせても逸品ですわ。

ついでに、「ホワイトデー」は石村萬盛堂のこのマシマロから始まったという豆知識もつきました。

さぁお取り寄せよっと!

e0004335_971843.jpg

[PR]